わかりにくいエアコン取り付けの相場

エアコン取り付けには、必ず費用が掛かってきます。しかし、施工に対してどれぐらいの費用がかかるのかを知らないと、これが高いのか安いのか判断できません。相場からも判断することができますが、正確には低下も存在しないのが施工費用ともなってきますので、どれぐらいのところなのかを理解しながら手配していく必要があるでしょう

ほとんどが人件費

費用エアコン取り付け費用は、ほとんどが人件費です。標準取り付け工事と呼ばれている内容で考えると、付属品などはセットになっているからです。ホースといったものも含まれているため、一番の相場は人件費の変動ということになるでしょう。時期によっても異なりますし、場所によっても違いがあります。都市部は人件費が高くなる傾向がありますし、地方は下がるため、一律にはなりません。業者によっても設定が異なってくるため、かなりの違いが生まれてくるでしょう。

エアコンの大きさによっても違いが出てきます。手間の違いになってきますが、小さなものよりも、大きな機種のほうが高くなると考えれば間違いありません。ですが、正確な相場設定がない以上、交渉すると変わってくることもたくさんあります。人件費以外の費用が発生する場合には、追加料金が発生すると考えれば、ホースの延長などで料金が取られることも理解できるでしょう。

人件費が中心になってくる以上、いったいいくらで工事をするのか、見積もりを取ることが一番はっきりとします。事前の見積もりは、家電量販店であっても必要になるでしょう。見積もりにない工事が出てきたときに、いったいなぜ必要なのかを問いただすこともできます。人件費としても、いったいいくらかかるのかもわかりますし、トラブルを避けることにもつながるでしょう。どんな工事業者に依頼をするとしても、エアコン取り付けの際には、必ずもらうことを忘れてはいけません。

あいまいな標準工事費の設定

だいたいの相場を考えると、エアコン取り付けは12,000円から15,000円といったところになるでしょう。サイズによっても変わってくるため、出力で判断してみることも大切です。これは、あくまでも新品のエアコン取り付けであり、必ず必要となる少々の消耗品も含まれているため、追加料金の発生がない状態での金額になってきます。

中古のエアコン取り付けの場合には、基本となるものはすべてそろっていることになるため、さらに相場は下がることになるでしょう。しかし、既存のものが使えないことも多く、配管や配線を組み直すといったことも考えられます。電源の設置が必要になるなど、思っているよりも出費がかさむことが出てくるため、人件費としては相場が下がりますが、全体的な金額は、そこまで差が出てこないことが良くあります。

相場という面では、標準工事ということ自体があいまいであることもあげられるでしょう。人件費が中心になってきますが、標準といった言葉を使っても、業界の標準などではないからです。あくまでも、工事会社として標準としているもの、家電量販店として標準としているものであり、それ以上のものではないということになります。エアコン取り付け工事の内容としてもかなり自由に設定できるため、見積もりで判断していかなければいけません。そのため、エアコン取り付け一式といった内容での見積もりはNGと考えてもいいでしょう。

相場として考えると、かなり変動してくるものと考えておくべきです。人件費はかなり変わってきますが、1日何件こなすのかによっても違いがある部分となります。特に家電量販店の下請けの場合、利益率が低いため、かなりの回転を求められることになるでしょう。相場として人件費といっても、1日でどれぐらいになるのかといったところから計算が進むため、非常にわかりにくい世界になっているのです。